スマートフォンサイトへ

結婚相談所仙台マリッジネット お見合いからの恋愛結婚 宮城県・仙台市の結婚相談所

結婚相談所仙台マリッジネット→婚活ブログ

結婚相談所仙台マリッジネット

結婚活動・お見合いパーティについての、ご相談・電話相談は無料。

お問い合わせ先
(予約制)

電話番号 022-346-6031 メール →

※お電話の際、ホームページを見たとお伝えいただくとスムーズです。

携帯電話 070-5098-8883

営業時間10:00~20:00 休業日 年中無休 ※営業時間外のお問い合わせはご遠慮ください。

カウンセラー 宮本昌俊の婚活応援ブログ

ちょっと、グッときた。「きみに読む物語」を観た感想

更新日[2017/10/28]

カウンセラー宮本の言いたい放題23.

♥お見合いからの恋愛結婚♥良縁・国際結婚・婚活・お見合いパーティー相談無料♥



 宮城県仙台市の結婚相談所仙台マリッジネットのカウンセラー、宮本昌俊です。今回のカウンセラー宮本の言いたい放題では、GYAOの無料映画で何か面白いのがないかとサイトをたまたま開いてみたら、「きみに読む物語」を無料公開していたので、鑑賞してみることにしました。あらすじを簡単に私なりにご紹介すると以下のようなものになります。 
 認知症を患い過去を思い出せずにいるアルツハイマー症の老女と共に、療養施設へ入所しているデュークがノートに書かれた物語を彼女へ読み聞かせているところから始まります。
 物語の舞台は、1940年のアメリカ南部シーブルック。典型的なやんちゃな感じの青年ノアは別荘にやってきた裕福な家庭のお嬢様で大学進学が決まっている17歳のアリーを見かけ一目惚れ。いかにもアメリカ映画にありそうな強引な手法でデートに誘い、その強引さに戸惑いながらもノアに惹かれていくアリー。アリーは、ティーンエイジャー特有の情熱的で一気に燃え上がる恋を経験します。
 そう、観客の誰もが想像するひと夏の経験に終わるとは知らずに2人はデートを重ねるようになります。激しく恋する二人にとっては今が全てでしかありません。将来のことを考えられない。たった17年しか生きていないアリーに、未来のことを考えて男性を選び付き合うことなど、できはしません。それは、無理というものです。そんなにおりこうさんで自制心があったら、低賃金で製材所の肉体労働者として働くノアと最初から付き合わないはずです。物語自体が成り立たなくなってしまいます。
 初めて会った日以来、デートを重ね会い続けていたそんなある日、ノアは、いつか買い取って農場を始めたい廃墟寸前の古い屋敷にアリーを連れて行き将来の夢を語り合いますが、深夜の2時になっても帰宅しないことを心配したアリーの両親は警察に通報してしまいます。彼女の両親が探していると駆け付けた親友に言われアリーを慌てて家に送り届けますが、娘の将来を心配するアリーの両親によって二人の仲は認められず、ひと夏の恋はあっけなく幕引きになります。
 当たり前ですが、自分が親なら、お勉強ができて美しく17歳で前途有望の娘に悪い虫が付いたらどんなことをしてでも二人を引き離すでしょう。それが娘の人生にとって最良の選択だからです。もちろん、これは親の一方的な考えですけど、親はこれまでの人生経験を踏まえて言っているのですから私的には、この場合の親の判断は間違っていないと思います。
 ただ、親にとって娘が17歳ではなく、いつまでも結婚しない男っ気が全くない40歳前後の娘だったら話しは全く違ってくると思います。多分、親は、よほどのろくでなしでない限り「どこの誰でもいいから、もういい加減にさっさと結婚してちょうだい」と言うと思います。親とは、そんなもんです。 
 さて、ノアは大学生になったアリーに毎日手紙を出しましたが、戦争が始まり、ノアは徴兵され戦場に送られ共に徴兵された親友を失うことになります。一方、アリーは南部の富豪の息子のロンと出会い婚約します。    
 当然、両親はノアの時とは正反対の反応をし手放しで大喜びです。私も親なら大賛成です。アリーに、どっちが幸せな結婚生活を送れると問われたら、私は迷わずロンと結婚しなさいというでしょう。なぜなら、アリーのそれまでの裕福な生活を捨てて生活レベルの違うノアと結婚してもうまくいくはずがないと思うからです。 
 これが、もし、もともと地元で生活するさほど生活レベルの違わない17歳の女の子が近所の幼馴染の青年と結婚する話しであったなら、親としても子供のころからよく知っている青年との結婚なら「よく考えて結論を出しなさい。」程度の助言で済むし、第二次世界大戦がはじまる前という時代背景を鑑みれば、片田舎でそんな高望みをしてもはかない夢で終わるのだから近くの相応の人と結婚するのが無難という考えに至るのではないでしょうか。
 結局、不釣り合いな男女の恋物語的な話しが根底にあるわけで、単なる不釣り合いな若い男女の恋物語なら、大昔から皆そんな話しは聞き飽きていて誰の関心も呼ばないので、味のないレタスに対し、年老いて自分の夫や子供や孫のことまで認知症で忘れてしまった妻に、夫婦になった馴れ初めを言い聞かせて、何とか過去を思い出してもらおうと努力をしている夫の話しをドレッシングとしてかけてみました、ということなのかなと感じました。

 
 話しは戻りますが、家を売って金を工面した父親が買い取ってくれた廃墟同然の古い屋敷を軍隊から戻ったノアが改造に励み見違えるまでになった家を売りに出します。そんな、ノアのことをたまたま知ったアリーはけじめをつけるためにノアに会いに行きます。そしてノアが、365通もの手紙を毎日出していたことを知ったアリーに火が付き二人は激しく抱き合うことになるのでした。
 連れ戻しにきた母親が砂利工場で働く男性を遠目で見せながら、「25年前に駆け落ちした人よ、あのまま彼と暮らしていたら」と説得しますが、なぜか、母親は、隠しておいたノアの手紙の束をアリーに渡します。婚約者のロンもアリーを迎えに来て、全てを知ったうえでなおもアリーのことを愛していると言います。
 このロンという男は、ほんとにいい男で、ロンと結婚した方が絶対いいと思うのですが、それでは売れる小説も売れる映画もできないからしょうがないですね。売れて感動する物語の制作のために、アリーにノアを選ばせたのでした。
 さー、物語は、クライマックスです。湖を夕日が染める頃、「それ私たちね」と老女が気づきます。しかし、記憶はわずかしか持ちません。その数分後には、もう全てを忘れて最愛の夫だったはずのデュークを見知らぬ男性が部屋にいると思い込み大声で助けを求め騒ぎ出します。医者や看護士らが駆け付け老女を何とか落ち着かせようとします。その姿を見ながら肩を震わせて泣くデューク・・・・・。
 ラストはここでは言いません。何もそんなラストはいらないでしょう。というような、いかにも泣かせるために取って付けたようなラストで、私は逆に興ざめしてしまいました。まっ、人によるでしょうが、こういうラストが好きな人にとっては号泣するのかもしれませんね。
 原作はニコラス・スパークスです。ウィキペディアによると、アメリカ合衆国のベストセラー作家。キリスト教、愛、悲劇、運命をテーマにした小説を得意とし、1996年から2015年までの19年間で18冊の長編小説を書いていて、うち11作品は映画化されたとのことです。「きみに読む物語」も1996年に発表された彼の小説で、2004年6月25日に全米公開され日本では翌年の2005年に公開されました。
 映画を観ている間中、多分これは男が書いた話しがもとになっていると感じていましたが、調べてみてやはり男が書いたと知って合点がいきました。あまりにも、男の理想的な女性像が描かれているからです。
 若くてきれいで頭が良くてお金持ちの家のお嬢様でありながら、純粋に愛を求め、無学で低賃金の肉体労働者の男の許に、親や周囲の反対を押し切り、前途洋々な大金持ちの婚約者の青年を振ってまでも自分の許に来てくれる女性を、男はいつも求めています。そんな女性がいるはずもないのに。空想上の永遠のマドンナ像、アイドル像といったところでしょうか。 
 だから、男にとってそういう理想の女性が設定されていたので、ははーん、これを書いたのは男だなと察しがついたのでした。
 いずれにせよ。人生は悲喜こもごも。ところどころ、泣けるシーンもあるのでそれなりに悪くはない映画ではないかと思いました。
 お互いに、おじいちゃん、おばあちゃんになっても愛し続けられる夫婦でいられたらいいね。なんて、言いながら観る映画です。夫婦やアツアツの交際中のカップルなんかには、ちょうどいいお勧めの映画ではないでしょうか。もちろん、独身男女が見ても何ら差し支えのない映画です。結婚に対する夢が膨らむでしょう。
 是非、GYAOやDVDを借りるなどして観ていただきたいなと思います。では、次回のカウンセラー宮本の言いたい放題をお待ち下さい。
 出会い・お付き合い・結び合い。三つのあいを大切にし、お客様の喜びを自らの喜びとして結婚活動をサポートする宮城県仙台市の結婚相談所仙台マリッジネットカウンセラー、宮本昌俊でした。
 最後までお読み頂き心より感謝を致します。ありがとうございました。

[163]
 



♥宮城県仙台市の仲人型結婚相談所仙台マリッジネット♥お見合いからの恋愛結婚♥良縁・国際結婚・婚活・お見合いパーティー相談無料♥


心からの幸せ、心からの安らぎ、心からの愛を望む、
あなたの思いにお応えします。


★宮城県仙台市の結婚相談所仙台マリッジネットは、結婚相手を求める方々が24時間どこででもインタ-ネットを介して国内外の42000人以上の男女会員の中から、お見合い相手を検索することができる仲人型結婚相談所です。
ドキドキ日本語の日常会話ができる在日中国人女性との国際結婚を希望する日本人男性募集中!

♥お見合いからの恋愛結婚♥良縁・国際結婚・婚活・お見合いパーティー相談無料♥


このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活応援ブログナビ


>>婚活ブログ

仙台市内の青葉区・泉区・宮城野区・若林区・太白区に限定することなく、
青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県の東北六県にお住いの皆様方、
日本全国の皆様方からの結婚・お見合いのご相談をカウンセラー宮本がお待ち申し上げております。

宮城県 仙台市 青葉区にある結婚相談所仙台マリッジネットは、
20歳以上の独身の方のみご利用いただけます。


TOPへ 上へ
Copyright(c) 2016, 結婚相談所仙台マリッジネット All Rights Reserved.